/ TOP  / USB-IO Family  / RFID  / 採用情報  / 会社概要  /
お知らせ:3/27(月)〜3/29(水)は、商品の発送をお休みさせていただきます。ご注文は受け付けておりますので、よろしくお願いします。


電子制御TOP
[ USB-FSIO ]
[ USB-FSIO30 ]
  I2C
  簡易オシロ
  ガイガーカウンタ
  サーボ制御
  直接制御例
[ USB-IO2.0 ]
  サンプル説明
[ コマンド仕様 ]
  制御サンプル
  Androidサンプル
  最新情報
[ Km2Netお店 ]
特定商取引法に基づく表示
  Q & A
[ 出版書籍 ]

[Android iPhone]



弊社公開ソースについて
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。
USB-IO Family Excel VBA サンプル 

「かんたん!USBで動かす電子工作」にて利用しているDLLを Excel VBA に対応させました。
メソッドや構造体は同じ名前なので、ほぼ同じようにつかえます。
DLLは再配布可能です。
サンプルは、Excel2000,2010で作成しています。
(2011/10/17)Excel97-2000形式のファイルを追加し、Excel2000でも動作することを確認しました。
(2016/06/04)Excel 64Bit版 のDLLを追加いたしました。

ダウンロード ※書籍のパスワードを入力してください。

事前準備
.NET Framework4 が入っていなければインストールしてください。
Excelで分析ツールの関数(2進数や16進数変換)を利用しているので、分析ツールのインストールが必要です。

導入方法
.NET Framework4が入っていることが前提で導入バッチファイルを作成しています。

1.ダウンロード後、解凍し適切なフォルダへコピー
2.reg.batを"管理者として実行" ここでレジストリに登録しtabファイルが作成されます。
 (Ecxcel 64Bit版の場合は、reg64.batを利用してください。)
3.Excelファイルを開きVisualBasicエディターを表示し、参照設定からUsbIoFamilyVba32 or 64を追加



テスト方法
1.接続ボタンをクリックし、USB-IO Familyと接続
2.利用機能の黄色項目に値をセット
3.機能ボタンをクリック。結果は青字で表示



接続と入出力部分のソースを簡単に書くと、このようになります。
Dim io As New ioCtl
Sub TEST()
    Dim stOut(1) As ST_CTL_OUTPUT
    Dim stIn As ST_CTL_INPUT

    io.openDevice

    stOut(0).Port = 1
    stOut(0).Data = &h07

    Call io.ctlInOut(stOut, stIn)    'Callの漏れ修正(2012/07/02)

    io.closeDevice
End Sub