/ TOP  / USB-IO Family  / RFID  / 採用情報  / 会社概要  /
お知らせ:3/27(月)〜3/29(水)は、商品の発送をお休みさせていただきます。ご注文は受け付けておりますので、よろしくお願いします。


電子制御TOP
[ USB-FSIO ]
[ USB-FSIO30 ]
  I2C
  簡易オシロ
  ガイガーカウンタ
  サーボ制御
  直接制御例
[ USB-IO2.0 ]
  サンプル説明
[ コマンド仕様 ]
  制御サンプル
  Androidサンプル
  最新情報
[ Km2Netお店 ]
特定商取引法に基づく表示
  Q & A
[ 出版書籍 ]

[Android iPhone]



弊社公開ソースについて
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。
USB-IO Family I2C 

ハードウェアID Rev7 以降のUSB-FSIO30にてI2C機能が追加されています。

接続方法
10KΩでプルアップし、J2-0 SDAとJ2-1SCLを接続します。


(拡大)


通信手順

I2Cを利用して、センサー等から情報を取得するには下記基本的には下記手順でコマンドを送信しデータ取得します。
I2Cマスタープン
 ↓
I2Cデータ書込み
 ↓
I2Cデータ読込み
 ↓
I2Cクローズ

MCP3425 16Bitアナログ入力の場合のコマンド例はこちら

データの書込み・読込みのシーケンスについては利用するセンサー等のデータシートを参照して下さい。



設定
I2C接続を利用するには、以下の設定が必要です。
・内臓プルアップ無効 ポート2無効
・入力ピン   ポート2ピン0,1を 0(出力設定)
・出力初期設定 ポート2ピン0,1を 0(出力OFF)

デフォルトの設定状態で利用可能です。
設定アプリはこちらです。



サンプルアプリケーション
「簡単!USBで電子制御」付属のDLLにI2C機能を追加しました。
ダウンロードはこちらから。(書籍購入者は無料です)
サンプルとして、温湿度計(HDC1000,AM2320) 液晶(ST7032i) A/D変換(MCP3425)を用意

ExcelVBASample.zip内のtestExcel2010I2C.xlsm


SRC.zip内の16_I2C\16_I2C.sln