/ TOP  / USB-IO Family  / RFID  / 採用情報  / 会社概要  /
年末年始のお知らせ:12/29(土)〜1/3(木)の間、商品の発送をお休みさせていただきます。(ご注文は受け付けております)


電子制御TOP
[ USB-FSIO ]
[ USB-FSIO30 ]
  I2C
  簡易オシロ
  ガイガーカウンタ
  サーボ制御
  直接制御例
[ USB-IO2.0 ]
  サンプル説明
[ コマンド仕様 ]
  制御サンプル
  Androidサンプル
  最新情報
[ Km2Netお店 ]
特定商取引法に基づく表示
  Q & A
[ 出版書籍 ]

[Android iPhone]



弊社公開ソースについて
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。
ジムカーナ用 タイム計測器

パーツ一覧
ケースに入れて完成

USB-IOと、I/O ControlManagerを利用して作成したタイム計測器です。
仕組みは簡単。光電センサのON/OFFをUSB-IOが検出し、タイムの計測を行うだけのものです。
リセットボタンを付けたのと、車が光電センサを通過している間は、ブザーとLEDが点灯するようにしました。
Team Zeroのジムカーナで使ってもらい、感激のコメントを頂きました。
1台の車がゴールする前にスタートできるよう、I/O ControlManagerでセッディングしたので、時間の短縮になり、 計測したタイムは、クリップボードに貼り付けているので、Excelにそのままペーストで入力でき、便利になりました。




回路図

作成中・・・




I/O ControlManagerの設定
作成中・・・
LogicCtl.ini



運用風景